ポイントもためられて便利

クレジットカードの会社の中には、その利用額に応じてポイントをためられるものが存在します。私が使っているクレジットカードでは100円1ポイントになっており、1000ポイントから交換できるようになっています。ポイントの利用方法が特に重要になっており、カタログの商品を取り寄せるものであったり、商品券をくれる会社もあります。私のお勧めは商品券になります。使えるお店は限られてきますが、それでも多くのお店で使えるものが多いです。1年間の合計ポイントで決まり、私の場合は50万円程度1年間に使うので5000円分の商品券が送られてきます。買い方にもコツがあって、コンビニやショッピングモールなど個別に電子マネーを発行しているところではそれらをクレジットカードで購入したり、それぞれクレジットカードを使って買い物をしてポイントをためつつ、その電子マネーをためたりもしています。

現金と比較したクレジットカードの優位性

現代生活を円滑に送るうえでは信用は欠かせません。その点クレジットカードを所有していれば、様々な経済活動の際にその人の信用度を手軽に証明できます。日頃の買い物は勿論のことネットショッピングや海外旅行など、あらゆる場面で便利に利用できるクレジットカードは今や私たちにとって必要不可欠になっています。例えば買い物をするときの大きなリスクの1つがお金の紛失ですが、現金を持ち歩けば常にその可能性があります。しかも現金だと失くせばまず戻ってきません。でもクレジットカーなら盗難補償が付いているので万一紛失しても安心です。また現金の場合はいくら買い物意をしても何も得なことはありません。でもクレジットカードなら利用額に応じてポイントが貯まったり多くの特典があります。お得で安全でかつステータスにもなるクレジットカードは現代人の必須アイテムといえます。

ちょっと意外なところで便利なクレジットカード決済

最近のクレジットカードは意外と思えるジャンルの店舗でも十分に活躍してくれます。例えば日々の食料品や生活雑貨の買い物で訪れる大手の大型スーパーマーケットがそうですし、現在最も身近なのはコンビニでの買い物でしょう。私の場合、それともまたかなり毛色が違います。というのも、私が好んでクレジットカード決済を利用しているのは鉢花の購入。と言ってもジャンル自体がかなり特殊で、趣味で栽培している洋ランの専門農園から株を購入する時なのです。一度この趣味に嵌った人なら分かると思いますが、中々市場に出回らない貴重な品種や原種の場合、現金払いだと少々大きい額となってしまうケースが少なくありません。そんな時に一括でスマートな支払いを済ませる為にもクレジットカードは大変便利。今や多くの農園がクレジット決済に対応しており、日々の栽培用具との一括購入を含め、大変便利となっているのです。

Copyright クレジットカードの入会時に注意すること 2017
Tech Nerd theme designed by FixedWidget